セントライト記念2019予想【出走予定馬分析】馬との会話が可能な『魔術師』に導かれて変幻自在のペースコントロールと共に夏を超して心身ともに成長した姿を見せつけるのはアノ馬!?

f:id:jikuuma:20190911195417j:plain

 

セントライト記念2019予想【出走予定馬分析】馬との会話が可能な『魔術師』に導かれて変幻自在のペースコントロールと共に夏を超して心身ともに成長した姿を見せつけるのはアノ馬!?

 

おすすめ軸馬 205戦169勝(192/205)
勝率82.4%馬券圏内率93.6%

気になる軸馬 298戦227勝(277/298)
勝率76.1%馬券圏内率92.9%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

⭐おすすめYouTube⭐

消去馬 直近29週70戦38勝 1着的中率54.2%

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20190908222918p:plain

 

2019年9月16日(祝)

中山競馬11レース

第73回 セントライト記念(G2)

中山芝2200m

 

《セントライト記念2019》

《レース展望》

 

本番菊花賞に向けて春のクラシック戦線で好走した馬の多くは翌週に阪神で行われる神戸新聞杯に参戦する傾向が強く、個人的にも中山外回り2200mといった特殊なコース形態で行われるセントライト記念は若干レベルの落ちるメンバー構成で行われることが多い印象がありましたが、近年は関東馬のレベルアップもあってか春のクラシックで好走した馬の参戦が多くなっています。特にこの10年はほぼ毎年のように春のクラシックで馬券圏内に好走した馬の参戦が目立ち、昨年4人気1着ジェネラーレウーノが皐月賞で3着していたのを筆頭に、17年1人気2着アルアインこそ関西馬でしたが16年1人気1着ディーマジェスティ、14年1人気1着イスラボニータは皐月賞勝ちの関東馬、さらに12年1人気1着フェノーメノは日本ダービーでほぼ勝ちに等しい2着と好走しており、極めつけは近年最強馬の1頭である15年6人気1着キタサンブラックも皐月賞で3着と好走した実績のある関東馬でした。長距離輸送のある菊花賞本番に向けて輸送の負担なくステップレースを迎えることが出来るセントライト記念は関東馬にとってまさに『ベストローテーション』と言っても過言ではなく、馬券的信頼度の高さも含めて来年以降も覚えておくべきポイントと言えそうですね。

 

今年は日本ダービー馬ロジャーバローズが凱旋門賞を目標としていたものの屈腱炎により引退、さらに春のクラシック戦線で3強と称された存在の中でサートゥルナーリア、ヴェロックスの2頭は翌週の神戸新聞杯に参戦予定で、もう1頭のダノンキングリーも距離適性を重視して毎日王冠からの始動を予定しており、例年と比べてやや小粒なメンバー構成となったのは否めないところでしょう。ただ、有力勢が菊花賞へ参戦するかは流動的となっておりここで好走すればG1へのチャンスは大きく広がるのも間違いないだけに、単純な結果だけでなく各馬のレース振りをしっかり吟味した上で秘めたる長距離適性をしっかり見抜いておきたいところですね。

 

《セントライト記念2019》

《予想オッズ》

 

①人気 リオンリオン     3.4倍

②人気 ルヴォルグ      4.2倍

③人気 ニシノデイジー    5.3倍

④人気 ランフォザローゼス  6.3倍

⑤人気 ザダル        7.8倍

 

《セントライト記念2019》

《出走予定馬分析》

 

🐴リオンリオン(牡3)

騎手:横山典 調教師:松永幹(栗東)

主な勝鞍:青葉賞(G2)

大寒桜賞(500万)

デビュー後しばらくは控える競馬で掲示板を外さない好走を続けていたものの、条件戦でもあと一歩勝ち切れない詰めの甘さを同時に見せてしまいなかなか2勝目を上げられませんでしたが、横山典騎手に乗り替わった水仙賞で速い流れを2番手で先行する積極策を見せ3着に好走すると、続く大寒桜賞ではマイペースの逃げに持ち込んで念願の2勝目を飾りました。日本ダービー出走権を賭けて挑んだ青葉賞では一転して1000m通過59.9の厳しい流れの逃げを打つと、直線一杯一杯に粘ってランフォザローゼスの猛追を凌ぎ切り自らの重賞初制覇を上げました。本番日本ダービーでは横山典騎手の騎乗停止による横山武騎手に乗り替わるアクシデントに加えて1000m57.8の無謀な逃げで15着に大敗しましたが、これが本来の能力でないのは誰の目に見ても明らかで2戦して1、3着と得意距離に戻る今回は十分巻き返しは可能だと思います。安定した先行力は【●●●●●●●】⇒ 人気ブログランキングへ で有利に働くのは間違いなく 前走でデビュー以来初となる大敗の精神的ダメージは気になりますがスムーズに先手が奪えるようであれば大崩れなく好走してくれるのではないでしょうか。

 

🐴ニシノデイジー(牡3)

騎手:勝浦 調教師:高木(美浦)

主な勝鞍:東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)

札幌2歳ステークス(G3)

ホープフルステークス(G1)3着

デビュー戦こそ超スローペースに泣いて2着に敗れたものの、次走未勝利戦をキッチリ勝利すると札幌2歳ステークス→東京スポーツ杯2歳ステークスの出世レースを人気薄ながら連勝し、年末の大一番であるホープフルステークスでも道中インで包まれて動けない不利を受けながらも坂を上って前が空くと猛追を見せて3着まで盛り返し、改めて世代トップクラスの能力を証明しました。年明け初戦の弥生賞は重馬場に苦しんで4着惜敗、続く皐月賞では終始外を回らされる展開も影響してか17着と大敗して成長力の面で不安を残しましたが、13番人気と評価を落とした前走の日本ダービーでは縦長の流れを中団のインで我慢し、直線切れないながらも長くいい脚を使って内から5着まで盛り返しました。速い時計勝負や瞬発力勝負になると分が悪い反面、持続力を求められる展開であれば大崩れなく好走しているのは高い絶対能力の証明で、ある程度先行する競馬ができるのも小回りの中山コースにおいては有利に働くのではないでしょうか。実績面では今回のメンバーでも最上位であるのは間違いなく、道中のペースや展開面などやや他力本願な面があるのも事実ですがここで久々の重賞制覇を飾っても驚けない1頭ではないでしょうか。

 

🐴ザダル(牡3)

騎手:石橋脩 調教師:大竹(美浦)

主な勝鞍:プリンシパルステークス(リステッド)

阪神でのデビュー戦をアクシデントによって取り消す形となりましたが、仕切り直しとなった新馬戦をスローペースを味方に逃げ切って勝利すると続く500万条件では一転して淀みない流れを好位追走から押し切る強い競馬で勝利しました。前走のプリンシパルステークスでは左回りや高速馬場適性を疑問視されてか5番人気の低評価でしたが、好スタートから終始好位のインを追走し直線で挟まれながらも怯まず間を割って抜け出すとスムーズに最内を抜け出し、完全に勝ちパターンのエングレーバーをゴール前キッチリ捉えて無傷の3連勝を飾りました。ペースやコース形態を問わずにキッチリ勝利という結果を残しているのは高い潜在能力と幅広い適性の証明と言えそうで、一頓挫あった前走後無理をしなかったことで余力十分にレースに臨むことが出来るのは僥倖と言えるでしょう。中山コースは2戦2勝でコース適性もプラスに働きそうで、2200mへの距離延長や春の実績馬との相手関係など克服すべき課題が多いのも事実ですが、菊花賞への最大の惑星として要注目の1頭だと思います。

 

🐴ルヴォルグ(牡3)

騎手:ルメール 調教師:藤沢(美浦)

主な勝鞍:3歳上1勝クラス(札幌芝2000m)

デビュー戦を好位追走から直線入り口で早々に先頭に立ち馬なりのまま後続を突き放す一方の圧勝で飾りその後の飛躍を期待させましたが、その後はスタート面での不安定さや気性面の難しさなどもあって人気を裏切る結果が続いてしまいました。ただ、仕切り直しの1戦となった前走札幌での1勝クラスではスタートで躓いたものの盛り返して離れた3番手を手応えよく追走し、直線入り口で早くも先頭に立つと直線余力十分に後続を突き放す完勝で2勝目を飾りました。まだスタートや道中の反応面など幼い面を残す同馬ですが、その反面心身ともに大きな成長の余地を残しているのも事実で、力のいる洋芝で結果を残したのも上がりの掛かる展開になりやすい中山コースにおいてはプラスと言えるでしょう。まだ全体的に人気先行のイメージが強い面は残るものの、これまで3戦コンビを組んで2勝2着1回と好相性のルメール騎手が継続騎乗してくれるのは大きな追い風と言えそうで、ここは今後を占う意味でも試金石の1戦となりそうですね。

 

《セントライト記念2019》

《出走予定馬分析から見る注目馬》

 

こちら人気ブログランキングへ

競馬日和ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(7位くらい)

 

【◎リオンリオン】

先週の京成杯オータムハンデを見ても強く感じましたが、やはり『魔術師』横山典騎手の逃げは後続に控える騎手にとっては脅威以外何物でもなく、特に圧倒的に先行した馬にとって有利な中山芝2200mに加えて開幕週から強烈な高速馬場となっている今の中山コースであれば多少強引な逃げでも押し切ってくれると信じて本命評価にしたいと思います。前走の日本ダービーでは代打の横山武騎手の若さが悪い意味で出てしまった無謀な逃げとなった結果15着と大敗しましたが、大寒桜賞ではスローペースの逃げ、青葉賞では一転して淀みない流れの逃げで押し切った自在性のあるペースメイクは同馬の操縦性が高い証拠で、高速馬場に対する適性の高い産駒の多い父ルーラーシップといった血統背景も同馬の好走を後押ししているのは間違いないでしょう。前走馬の気分に任せて行かせ過ぎたことによって抑えが利かなくなっている可能性も無きにしも非ずですが、菊花賞を見据えての横山典マジックも含めて強い勝ち方を見せてほしいところですね。

 

おすすめ軸馬 205戦169勝(192/205)
勝率82.4%馬券圏内率93.6%

気になる軸馬 298戦227勝(277/298)
勝率76.1%馬券圏内率92.9%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

⭐おすすめYouTube⭐

消去馬 直近29週70戦38勝 1着的中率54.2%

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20190908222918p:plain